2008年12月04日

民謡と三味線

11月から、民謡を、12月から三味線を習ってる。

50の手習いやわ と思いつつ 初めて教室に行ったら

「ええねぇ 若いから。。こんな早よ お稽古始めたら
すぐに上手にならはるわ。。」

って、お稽古仲間の声。

皆様、65歳超ばかりでございました。

先生は、年齢不詳だが、72,3か?

こっわいこっわいおば様だけど、ものすごくよく通る声をしてらっしゃる。

音程もリズム感もない私だが、声が大きいのだけは、自慢できる。

練習する曲は、どれもこれも初めて聴く曲ばかりだ。

民謡っつったら、「黒田節」とか「炭坑節」とか「花笠音頭」とかを
想像しておったが、牛追唄や馬子唄は、浪曲のようだ。

先生は、声の大きいのを、しきりに褒めてくれる。
ほかに褒めるとこないんやろな きっと。

練習方法は、お稽古中にICレコーダに録音したものを、
ひたすら聞いて復習するのみ。

車の中は、恰好の練習場である。
通勤途中や、買い物途中、ひたすら、練習しておる。
おかげで、1ヶ月でだいぶ上手になった。
私は天才かもしれない。

三味線は、今週の火曜日に初めて行ったので、まだ
触っただけであるが、これもまた、必死で練習しておる。
shami.jpg

さくらさくら と 荒城の月はマスターした。

私はやっぱ天才かもしれない。

こないだ会った霊能者曰く、前世は祇園のカリスマ芸者だったらしい。

前世のワザが今世でも生かされるのか?

今の会社が、潰れたら、
芦原温泉にでも行って、芸者になろうかな。。
posted by ひーちゃん at 19:35| 京都 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

久しぶりの吉本

今日は 娘の小学校が 土曜参観の代休でお休み。
私も、仕事を入れなかったので、
前々から、ねだられていた ヨシモトを観に連れていった。
今日の新喜劇の座長が 辻本 だったので、
重い腰を上げて、高い入場料を払った。

yosimoto.jpg

2時半の開演で、早くに着いたから、その辺でランチをして、
ヨシモトのお土産を買い、写真もとり、ついでに
道具屋筋もブラブラして、完全にオノボリさんである。

ヨシモトを観るのは、私も30年ぶりで、
以前に行ったのは、彼氏と京都へ初詣に行ったついでに寄った、
ぎゅうぎゅう詰めの京都花月だった。
その時は、芸人さんも正月気分で、皆さんお酒に酔っていて、
存命中であった小染さんが、チ○チ○にリボンを巻いて
出てきてたりしてた。
馬鹿馬鹿しい青春の思い出である。

ナンバグランド花月は、思ってたより、小さな劇場で、
1階の真ん中より後ろの席であったが、テレビで見るぐらい
よく見えた。

いくよくるよ とか、カウスボタンとか、仁鶴さんとかが
出ていたけど、テレビで見るより、もひとつ 手を抜いてる感じ。
子供たちもおもしろくなさげであった。

新喜劇は、辻本なので、おもしろかった。
ヨシモトで今、一番おもしろいのは、やっぱ辻本でしょ。
彼は、ある意味天才やと思う。

時間が押して押して、終演が6時過ぎてしまったので、
ついでに、ミナミで晩御飯を食べようということになった。

子供たちは、グリコの看板を見たいという。

guriko.jpg

ひっかけ橋の上は、時間も早いせいか、若者はあまりいなくて、
おそらく、韓国や中国からの観光客と思われる
オッサン連中が、うじゃうじゃいた。

夜に、ミナミの街を歩くのは、13年振りぐらいなので、
年甲斐もなく、ウキウキしてしまった。

だけど、私が知ってる店は、ことごとく無くなっていて、
リチャードがなくなってたのは、少しショックだった。
どこにいってしもたんや?

晩御飯は、これまた 青春の思い出の『明治軒』で食べた。

meijiken.jpg

20年前と、店構えも味も なあんにも変わってなかった。

この店に、娘といる ということが、
とっても不思議な感じがした。

たまには、おめかしして、都会に行くのも 楽しい。

posted by ひーちゃん at 21:34| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

祇園で遊ぶ。

うちの大学は、まったくのボンボン大学なので、
お気楽もんが多いというか、なんというか平和であった。

その中でも、京都出身者というのは、最たるもので、
そもそも京都くんだりから、神戸の大学へ
行くというのも、ちとおかしい。
京都には大学がいっぱいあるというのに。。。

ま、そういう大学のOB達が集まって、
京都甲南会というのを作っておる。
それぞれの都道府県にあるらしいが、
うちの会が、一番活動がお盛んのようだ。

毎月1度の飲み会に加え、京都競馬場の貴賓室で馬を愛でる とか
高級カントリークラブでゴルフをするとか 行事が目白押し。

その集大成というのが、11月に行われる 「総会」というものである。

まあ総会というのは 名ばかりで、
祇園で、舞妓芸妓をはべらして、酒を飲むというもの。

実際に総会は、15分ほどで終わる。

鴨川べりの「ちもと」という老舗料亭の大広間で
舞妓はん芸妓はんを呼んで、上品な宴会をする。

私もボチボチ余裕が出てきたので、
15年ぶりに参加してみた。

15年前は舞妓の格好をしてくれて ウルトラエネルギッシュだった
この会の会長(堀場製作所の会長さんである)が
すっかり、お年を召されていた。90歳前後であろうから
当たり前だけどさ。それでも、とっても元気なお爺さんである。
銀髪を長髪にして、うしろでくくってるんも、おしゃれであった。

今日 来てくれた舞妓はんの一人がすっごく別嬪さんであった。

舞妓はんは 地方の人が多いし、すっごい化粧でベタベタなので
わかりにくいが、ぶっさいくな子が多い。

けど今日の豆はなちゃんは、ウルトラ美人どした。
ちょっと影があって、色気があって、よろしおしたわ。
出身も 高槻なので、言葉に無理がない。
maiko.jpg

もう一人 舞妓はんが来てたんやけど、
そちらの方は、どうみてもハイヒールモモコやったし、
出身も静岡やから、京都弁がところどころヘン。

けど、愛嬌があるっちゃあ あるので、ヨシとしよ(何がや!)

芸妓はんは、みなさまお綺麗でしたが、年の甲っちゅうもんやな。
ひとり、日本髪ゆうてる芸妓はん おでこがサザエさんぐらいで
とっても親近感がもてたわぁ。

ちもとのお料理もおいしかったし、
舞妓はんや芸妓はんの踊りもお上手やったし、
三味線も笛もお上手やったし、
とても楽しいひと時でした。

あんな贅沢して、会費16000円は、安いと思います。

posted by ひーちゃん at 20:18| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

ダンナがトラバーユ

せっかく、気ぃよお 造園会社で
バカボンのパパをしておったのに、
会社を突然たたむことにしたらしい。

一昨日 会社行ったら、「今日で終わり」 

って

それって、労働基準法違反やでーーーー
給料一か月分払いやーーー

けど、

こんなわけわからんオッサン雇てくれただけでもありがたいか。。

社長ももう79やし、やめたくなるのはわかるわな。
社長79 独身の大酒のみのバアサンである。

私も結婚して、子供いなかったら、あんなふうになるんやろな。

て、社長に同情してる場合ではなくてぇ
早速 仕事を探さにゃならん。

と思てたら、
造園会社の先輩のおじさんが、友達に話をつけてくれてたみたい。

今度は、瓦職人。

そこの社長も私は、よく知っていて、なかなか男気のある
ええおっちゃんである。
おまけに、家から徒歩5分。

絶好の就職先である。

昨日面接に行って、早速、制服(背中に象さんが大きく書いてある作業着)
もらってきた。

今日、朝早くから、めでたく出勤しました。

帰ってきて一言「タイムカードある会社はじめてやーー」

しごく嬉しそう。

私も嬉しーーー

posted by ひーちゃん at 20:28| 京都 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

北海道にお勉強しに行ってきた

先週の土曜日から、
二泊三日で、北海道に行った。

観光に行ったわけではない。

「学童保育全国集会」というのが1年に1回どこぞであって、
今年は、北海道で開催されたのだ。

うちの娘は、もう学童には行っていないけど、
北海道 行きたさに、今年も役員をしたのだ。

北海道は初めてである。
それも、父母会のお金で行ったのである。
とても幸せもんである。

朝5時半に家を出て、松井山手駅から、伊丹空港行きのバスにのり、
9時の飛行機で 千歳へ。

空港で昼食。

北海道に着いたら、まず「海鮮丼」を食す ことを
第一の目的にしていたので、迷わず 海鮮丼を食べることにした。

しかし、山盛りの店である。
どこの店がうまいかわからないときは、地元に聞け なので、
忙しそうに歩いていた CA(スチュワーデス)の前に
いきなり立ち、「海鮮丼の一番おいしいとこどこ?」と
顔前20センチで尋ねてみる。

人間、びっくりして、あわてると、とっさに本当のことを言うのである。

教えてもらったお店は、とても美味しかった。
私は、その店で一番高い「豪快丼」というのを食べたのだが、
本当に 豪快で、ウニ、いくら、かに、貝、ボタンエビ、様々な魚のお刺身と
まさに、海鮮ワールドであった。
それに加えて、めちゃくちゃおいしい「とうもろこしの天ぷら」や
夕張メロン なども添えられていて、満足限りない。
あまりに嬉しすぎて、写真をとるのをすっかり忘れておった。

もうこれで、帰っても納得。という感じで、
北海道を堪能してしまった。

それからチャーターバスで、巨大体育館へ
歓迎セレモニーと基調報告やら、えらい先生の講演やら
お決まりのお勉強会である。えらい先生の講演はためになったけど、
保護者や指導員のお話は、お涙頂戴やら、ウルトラ暗いやらで
ちいっとも面白くなかったぞい。やっぱ素人やなぁ て感じ。
けど、他の人は、涙してる人もいたから、私だけかも。

その夜は、サッポロビール園で、飲み放題、食べ放題のバイキング。
作りたてのビールが飲み放題というので、楽しみにしておったのだが、
なんだか、とっても薄くて、発泡酒のソーダ割りみたいやった。
これやったら、大阪のアサヒビール工場で飲んだやつのほうが
はるかにウマイ。
料理は、タラバガニやら寿司やらてんこ盛りやったけど、
うまかったのは、ジャガイモバター ぐらいかな。。
シビアな私。

二日目は、分科会と称して、北海道大学で、おのおのが気に入った
議題の講義に参加する。
私は 仕事柄「障害児」関係を受講したのだけど、
先生は、いっぱい本も出しておられる、龍谷大学教授の
白石先生である。
私は初めてに自閉症を学んだのも、この先生の著書からである。

本を読んで持った印象と、実際の先生の印象は
全く違った。
とっても暖かそうな人である。しゃべり口もソフトで穏やかで、
いい感じ。
赤塚富士夫と赤塚富士夫に出てくるデカパンおじさんを足して
割ったような方であった。
すっかりファンになってしまった。
しばらく追っかけをしようかとも思ってしまった。
すごいおじさんかと思ったけど、家でネットで調べたら、
同級生であった。ちょっとショックだな。

まじめに、しっかりお勉強して、
その夜は、お気に入りのメンバーで炉辺へ

またまた、豪華絢爛の海鮮パーティーである。
生ものだけでも、豪華なのに、
テーブルに炭を入れて焼く 嬉しいお店である。
おまけに、4時半というはやーーい時間に行ったので、
6時までは生ビール100円!!
みんな6時まで飲みまくり。
robata.jpg

翌日は、プチ観光。

中央市場でおみやげをどっさり買い、
白い恋人工場へ。。
この会社、よっぽど儲かってるんか?なんやこの税金対策は!
と思うくらいの、高級メルヘン趣味の館 

siroikoibito.jpg

まぁそれなりに楽しく過ごして、

空港へ。。

最後のシメで、空港でラーメンを食べて

ra-men.jpg

無事おうちに帰ってきました。

楽しくて美味しくて賢くなった 北海道であった。




posted by ひーちゃん at 10:41| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

うちのバカボンパパ

bakabon.jpg

うちのダンナはバカボンのパパと同じ植木屋である。

バカボンのパパほど天才ではないが、
バカボンのパパほどノーテンキである。


ある日ふと、考えた。

彼がこないにノーテンキなのは、脳味噌が少ないからではないかと。。


その証拠に娘の帽子がブカブカである。

papa.jpg



そうしたら、私は、バカボンママの『春菊』なのだ。



posted by ひーちゃん at 20:00| 京都 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

旧盆

今日は、旧暦のお盆である。

本当だったら、ごちそうを作って、
まんまんちゃんあん をするのだけれど、

先日義兄がなくなったので、祝い事は×で
今年の旧盆の行事は、なし である。

楽チンっちゃあ 楽チンだけど、ちょっと、残念かな。

おまけに、今日の夜中に地震がくるそうだ。

13日にも大地震がくると ブラジルかどこかの占い師が
行っていたけれど、何事もなく終わった。

今日の地震は、東海地方にくるらしい。

なんだかなぁ

別に何も用意してないわ。

占いなんて、こんなもんか?

だけど、うちが介護に行っていた 近所の占い師のばあさんは
3年前に義兄がなくなるのを、見事予想していた。

そのばあさんは、自分のこともわかるので、
病気をする1年ぐらい前に、保険をかけて、
しっかり、保険長者になっている。
でも、人が死ぬのを予想するのは、とってもいやだそうだ。

自分は、4年後の9月に死ぬらしい。
だから、たまには遊びに来い ってさ。
4年後は、86歳だから、まあ、そんなもんかな。




posted by ひーちゃん at 20:03| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

夢のノートパソコン

暑い暑いと言いもって、
夏休みもあと僅か。

夏休み中は、超大忙しで、ほとんど、無休。
週に1回12時間以上働くこともある。

普段は、1〜2時間ぐらいしか働いていない グータラ社長には
ちょっときつい。

まあ、でも売り上げが3倍くらいになるから、がんばって働いておる。

お客さんも増えてきたので、とうとうソフトを買うことにした。
国民保険連合会が配布してくれているソフトは、
なんとも使い勝手が悪いので、自分で作ろうか とも思ったが、
いまさら、アクセスの本をひっくり返して組む根気はない。

ていうかVBをほとんど忘れてしまっておる。年やからなぁ

ダイレクトメールがきてた会社に電話したら、早速デモにきた。
珍しく、私の感性に合う作り方をしてるソフトであった。

少々お高いが、その場で即決。

明日納品に来るという。

今、会社にあるPCは、メモリーも少ないし、
利用者の子供たちに好き勝手にさわらしてあげているので
なんだか、ひどいことになっている。

思い切って、長年の夢であった、ノートパソコンを買うことにした。

早速 ミドリ電化に行って、みてくる。
富士通が慣れているので、富士通のんを買うつもりやったんやけど、
テンキーがついてるのが、在庫切れだという。
待つ という行為ができない、辛抱のたらん人間なので、
テンキーがついているNECのを買った。

かばんがおまけについていた。

バザールでゴザールのマウスパットもついていた。
そういえば、23年ほど前、バザールでゴザールのインストを
していたのだ。
あの頃は、あの制服も入ったのだ。

なんてことを思いながら、
念願のノートパソコンで、遊ぶ日々である。

notepc.jpg






posted by ひーちゃん at 10:13| 京都 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

一押し!

夏は大好きです。
暑い暑いと文句をいいながら、
過ごすのが好き。

こんなカラダでも、プールにも海にもバンバン入れるしぃぃ。
魚座ですから、水の中にいるのは好き。

夏は、アイスクリームがいっぱい食べられるし
それも好き。

今一番私が気にいってるのはコレ

ise.jpg

チョコはそんなに好きなほうぢゃないけど、
このアイスのチョコはほろニガ系で、ぱりぱりして、
グーーー

ロッテだし、お値段も手頃だし、
山田屋なら4割引だし。

これを食べてる時だけは、ダイエットは考えません。
posted by ひーちゃん at 20:39| 京都 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

梅雨だけど

あんまり晴れの日ばかり続くので、

たまには、山に行こう!

と琵琶湖バレイに繰り出した。

新しいゴンドラになってから、初めてである。

gondora.jpg

うちから、琵琶湖バレイまでだいたい50キロ
混まなければ、1時間ちょいで着く距離である。

しかし、みいんな同じ考えらしく、湖西道路はババ混み。
まあそれでもジビジビ動いていたので1時間半ぐらいで着いた。

ゴンドラはすごく大きくて、121人も乗れるらしい。

標高1100mの山頂まで、スイーーと5分で運んでくれる。

途中に、鹿がいたりして、ちょっと嬉しい。

山頂は、下より10度くらい気温が低くて、13℃。
あいにく霧もかかっていて、風も吹いていて

寒いことこの上ない。

ゴールデンウイーク頃には満開だった水仙も枯れて
跡形もなく、ちょっと不気味な感じ。

リフトも動いてるけど、乗ってる人はほとんどないし、、
lift.jpg

しかし、お椀型のそりすべりやら、竹馬やら、長い滑り台やら
変な三輪車などがあって
子供達は結構喜んでいた。

biwakojitensha.jpg

山頂で、バイキングのランチを食べて、

早々に下山し、

琵琶湖畔で少し遊んで、渋滞する前に帰った。

biwako2.jpg

すごーーく子供孝行した気分だ。


posted by ひーちゃん at 17:29| 京都 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。